2009年06月07日

里川の釣り

子供の頃は埼玉県に住んでいた。

今でこそ、東京のベットタウンとして発展してしまったが、私の子供の頃には、近くに田んぼや畑がたくさんあった。

里川も、畑の中にたくさん流れていた。

そんあ里川で、鮒やクチボソ、タナゴなどを釣っていた。

タナゴなんて、今なら専門の竿で釣るマニアックな釣りだが、当時は安い繋ぎ竿で手軽に釣れる魚だった。

あの頃は、何が釣れても楽しかった。

大人になった今では、イワナが釣りたい・・・とか、シーバスがいい・・・とか、色々望んでしまうのだが・・・。

でも、釣りは手軽に幼少の頃に替えれる遊びでもある。

子供の頃に、どんな魚でも釣れれば楽しかった・・・そんな釣り本来の楽しさを忘れたくはないものだ。












posted by キタキツネ・コン at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。